〒230-0018 横浜市鶴見区東寺尾東台22-21

受付時間:9:00~17:00(土日祝祭日は除く)

初回相談無料

お気軽にお問合せください

当事務所での不支給決定事案、東京地裁で逆転勝訴!!詳しくはこちらを

NEW! 雑記帳2「なんやかんやで、はや10年」

誠に申し訳ございません。現在、業務多忙につき新規のご相談/ご依頼は承っておりません。

障害年金 Q&A25

Question 1

保険料の納付要件は二つありますが、二つとも満たす必要がありますか?

初診日の前日において1、2のいずれかひとつを満たしていれば、大丈夫です。

  1. 初診日の属する月の前々月までの被保険者期間のうち、国民年金の保険料納付済み期間(厚生年金や共済年金加入期間を含む)と保険料免除期間をあわせた期間が2/3以上であること。
  2. 初診日の属する月の前々月までの直近の1年間に、保険料の未納がないこと。


初診日の前日において1、2のいずれかひとつを満たしていれば、大丈夫です。

なお、2の納付要件は期間限定で、令和8年3月31日までに初診日がある場合に適用されます。

 

Question 2

納付要件を見るとき、なぜ「初診日の前日において」なのですか?

それは、厚生年金も国民年金も保険だからです。

それは、厚生年金も国民年金も保険だからです。国が管理しているから社会保険と言われていますが、まぎれもなく保険制度です。保険は、何らかの保険事故に備えて保険料を支払います。

障害と言う保険事故に備えるのであれば、当然その前に保険料を支払っている事が必要です。

火事が起きる前から、火災保険に加入し保険料を支払っている。だから火災保険金が下りる。

これと同じように、障害という保険事故が起きる前日(すなわち初診日の前日)までに納付要件を満たす必要があります。

Question 3

海外で障害者になってしまったとき、障害年金は受給できますか?

任意になって国民年金を喪失して(辞めて)海外に渡航し、その未加入期間に 初診日があり障害者になった場合は、残念ながら受給できません。

国内はもちろん海外で初診日があっても、国民年金や厚生年金に加入中で、納付要件を満たしていれば、障害年金を受給できます。

注意しなければいけないのは、学生が海外留学をする場合です。住民票を日本から抜いてしまうと国民年金の加入義務がはずれ、加入は任意になります。

任意になって国民年金を喪失して(辞めて)海外に渡航し、その未加入期間に初診日があり障害者になった場合は、残念ながら受給できません。

Question 4

私は学生時代保険料を1回も支払っていません。学生納付特例を利用していました。 この場合は、障害年金を受給できますか?

学生納付特例期間は、国民年金保険料の免除期間と同じ扱いになります。

学生納付特例期間は、国民年金保険料の免除期間と同じ扱いになります。

ですから未納にはなりません。①または②に該当すれば障害年金の納付要件を満たした事になります。

また、30歳未満に適用される若年者納付猶予期間も免除と同じ扱いです。

Question 5

障害年金の申請から決定までどれくらいかかりますか?

申請してから概ね3ヶ月~4ヶ月で決定されます。

提出した請求書は、厚生年金の場合は日本年金機構の本部に、障害基礎年金なら各都道府県の事務センターに 集められます。そこでまず事務上の審査がなされ、次に認定医による医学的審査が行なわれます。申請してから概ね3ヶ月~4ヶ月で決定されます。

また、審査中に追加の資料を求められたり、診断書の補足等を求められる事もあります。

そうなると、3~4ヶ月では終わりません。

Question 6

年金機構が出した決定に納得がいかない場合どうしたらよいですか?

決定に不服がある場合は、決定を知った日の翌日から3か月以内に社会保険審査官に不服審査請求ができます。

障害年金を請求して、その決定に不服がある場合は、決定を知った日の翌日から3か月以内に社会保険審査官に不服審査請求ができます。また、その結果に対しても不服があれば、次は社会保険審査会に再審査請求ができます。余談ですが、不服審査で決定を覆すのはなかなか大変です。

裁判が起こせるのは、原則として、この二つの過程を経てからになります。

社会保険審査官は、各地方厚生局内に(関東ならば、さいたま市にある関東信越厚生局)います。

社会保険審査会は、厚生労働省内に設置されています。

Question 7

障害年金には税金がかからないと聞きましたが本当ですか?

障害年金と遺族年金は課税されません。

老齢年金は、所得税法で雑所得になり課税対象です。

しかし、障害年金と遺族年金は課税されません。

Question 8

身体障害者手帳を持っています。障害年金も受け取れますか?

身体障害者手帳があるからと言って、必ず障害年金が受け取れるとは限りません。

身体障害者手帳と、障害年金の認定基準は異なります。

視覚障害を例にとれば、身体障害者手帳は6級までありますが、障害年金は3級どまりです。
身体障害者手帳があるからと言って、必ず障害年金が受け取れるとは限りません。

Question 9

一度障害年金を受け取れば生涯もらえますか?

1~5年間隔で診断書を提出して、障害の程度が軽いと判断されれば、支給が停止されます。

例えば手足を切断した場合は、生涯受け取れます。

多くの障害年金は、年金機構から数年おきに診断書の提出が求められます。1~5年間隔です。その都度診断書を提出して審査を受ける必要があります。
そして、その結果障害の程度が軽いと判断されれば、支給が停止されます。

Question 10

障害年金を現在受けています。たくさん収入があると支給が止まりますか?

「20歳前障害基礎年金」以外の障害年金は、収入によって影響を受けることはありません。

収入がたくさんある場合支給停止になるのは、国民年金の「20歳前障害基礎年金」だけです。

これは、保険料を払うことなく受け取れた年金なので、本人にたくさん収入があると支給停止になります。それ以外の障害年金は、収入によって影響を受けることはありません。

Question 11

障害年金を受けると、保険料の支払い義務がなくなると聞きましたが・・・

国民年金に加入している方の国民年金保険料は、届けを出す事によって支払いが免除になります。

国民年金に加入している方の国民年金保険料は、届けを出す事によって支払いが免除になります。

厚生年金に加入している方は、給料から厚生年金保険料を今までどおり天引きされます。

Question 12

会社の勤務中にケガをして、障害者になりました。労災からも障害年金を支給されると聞きましたが・・・

業務上のケガにより障害者になれば、労災から障害補償年金が支給されます。

業務上のケガにより障害者になれば、労災から障害補償年金が支給されます。また同時に厚生年金も受けられる事があります。

(労災の年金は7級まであります、厚生年金は3級まで)そうした場合、労災の障害補償年金が一部カットになりますが、両方受け取れます。

Question 13

障害基礎年金を受け取りながら、いま会社員として働き厚生年金保険料を支払っています。 将来、老齢厚生年金は受け取れますか?

65歳からは、障害基礎年金と老齢厚生年金併せて受け取れます。

65歳からは、障害基礎年金と老齢厚生年金併せて受け取れます。

支払った厚生年金保険料は無駄にはなりません。

もし仮に、障害基礎年金と障害厚生年金を今受けているならば、65歳時に、このまま継続してこれらの年金を受けるか、障害基礎年金と老齢厚生年金を併せた年金を受けるかを選択します。

Question 14

障害年金の相談や手続きは、どこでしたらよろしいですか?

厚生年金の障害年金を受けとる場合は、年金事務所で。 国民年金ならば、市区町村役場の窓口で申請をします。

厚生年金の障害年金を受けとる場合は、年金事務所で。 国民年金ならば、市区町村役場の窓口で申請をします。ただし、国民年金の第3号被保険者は、年金事務所で申請します。

(第3号被保険者は、俗に言われる「サラリーマンの夫に扶養されている妻」の事です。逆パターンもあります。サラリーウーマンに扶養されている夫も、第3号被保険者です。)

Question 15

3年前に初診があります。その時の病院と現在の病院は違います。
どうしたらいいですか? 診断書は現在の先生に書いてもらいます。

病院が異なる場合は、診断書の他に、初診の病院での受診状況等証明書が必要です。

病院が異なる場合は、診断書の他に、初診の病院での受診状況等証明書が必要です。

非常に簡便な診断書と考えてくだされば結構です。年金事務所や市区町村窓口に備えてあります。

Question 16

初診日より1年半後に診断書を提出しましたが、不支給になりました。もう二度と請求できませんか?

障害の程度が重くなった場合は、65歳までなら何度でも請求できます。

障害の程度が重くなった場合は、65歳までなら何度でも請求できます。
これを事後重症といいます。

Question 17

障害年金の診断書を作成するドクターに、何か特別な資格はいるのですか?

各々の診断書の記載が適切にできる医師ならばどなたでも結構です。

精神疾患用の診断書は、できるだけ精神科を標榜する医師が望ましいです。
(てんかん、知的障害、発達障害、認知症、高次脳機能障害については規定が緩くなっています)

各々の診断書の記載が適切にできる医師ならばどなたでも結構です。

Question 18

高校を卒業して正社員で勤めました。19歳と3ヶ月目に交通事故で両足を切断しました。 私が受け取る年金は、20歳前障害基礎年金ですか?所得の制限がありますか?

厚生年金保険料を納めているときの障害年金なので、所得による支給の制限もありません。

厚生年金加入中ですから、20歳前に初診日があっても、20歳前障害基礎年金ではなく厚生年金の障害年金と障害基礎年金が支給されます。

厚生年金保険料を納めているときの障害年金なので、所得による支給の制限もありません。

Question 19

健康保険から傷病手当金を受けています。障害厚生年金と一緒に受け取れますか?

障害厚生年金を受けると、傷病手当金は受給できなくなります。

障害厚生年金を受けると、傷病手当金は受給できなくなります。

ただし、傷病手当金が障害厚生年金の額より高い場合は、差額分の傷病手当金が支給されます。

Question 20

主人と離婚して児童扶養手当を今受けています。障害年金も受給できますか?

児童扶養手当は、公的年金を受給すると支給が停止になります。

児童扶養手当は、公的年金を受給すると支給が停止になります。
同時に二つは受給できません。(平成26年12月改正あり)

障害年金を申請する際には、障害年金の額と児童扶養手当の額を比較してから請求ください。
障害厚生年金の3級は、最低でも583,400円(令和4年度の金額)です。

また、障害基礎年金の2級は、777,800円(令和4年度)に224,700円(令和3年度)の加算がつきます。(子供1人の場合)

 

<注>平成26年12月から、児童扶養手当支給額より低額の障害年金が支給されている場合は、差額分の児童扶養手当が支給されるように改正されています。

Question 21

 「社会的治癒」ってどういう意味ですか?

医学的に治っていなくても、患者さんが治療をやめて、概ね5年以上薬も飲まず社会復帰していた場合、それを社会的治癒と言います。

医学的に治っていなくても、患者さんが治療をやめて、概ね5年以上薬も飲まず社会復帰していた場合、それを社会的治癒と言います。

その後、また医師の診断を受けた場合はその日が初診日になります。

「社労士・三村の雑記帳」をご覧下さい。具体例を掲載しています。(Vol.13)

Question 22

私が障害厚生年金を受給したのは3年前です。今年結婚します、障害厚生年金に 配偶者の加算があると聞きましたが・・・

障害厚生年金を受けられるようになった後に結婚しても、加算がそのとき(結婚したとき)から受け取れるようになりました。

平成23年3月までは、障害厚生年金の受給権が発生したときに、既に結婚していれば配偶者の加算がつきました。

それが、平成23年4月に改正され、障害厚生年金を受けられるようになった後に結婚しても、加算がそのとき(結婚したとき)から受け取れるようになりました。

なお、障害基礎年金も同じように子供の加算があります。

受給権が発生した後に、子が産まれれば産まれた時から子供の加算がつきます。

Question 23

障害厚生年金を受けている夫が死亡すると、遺族厚生年金が妻に支給されると聞きました・・・

障害厚生年金の1級または2級を受けている夫が死亡した場合、生計を維持されている妻がいれば、その妻に遺族厚生年金が支給されます。

障害厚生年金の1級または2級を受けている夫が死亡した場合、生計を維持されている妻がいれば、その妻に遺族厚生年金が支給されます。

3級の障害厚生年金や障害基礎年金を受給している夫の場合は、遺族厚生年金は支給されません。

Question 24

特別障害給付金とは何ですか?

国民年金の加入義務がない時に、初診があって障害者になってしまった場合の救済制度です。

昭和61年3月まで、サラリーマンの妻は国民年金の加入が義務ではありませんでした。

また平成3年3月までは、昼間部の大学生等は20歳以降やはり加入が義務になっていませんでした。

つまり任意加入(希望制)でした。

加入義務がない時に、初診があって障害者になってしまった場合、本人に何の非もありません。

そこで、「特別障害給付金」という名称で救済が図られるようになりました。平成17年4月にできた制度です。

国民年金保険料を支払っていないため、本人の所得制限があります。20歳前障害基礎年金と同じ考え方です。

受給金額は障害基礎年金より低めになっています。

   1級 52,300円/月(令和4年度)
   2級 41,840円/月

Question 25

障害年金を受けている事を、勤務している会社に知られたくないのですが・・・

市町村役場や日本年金機構が、障害年金の受給者である事を会社に通知する事はありません。 

市町村役場や日本年金機構が、障害年金の受給者である事を会社に通知する事はありません。 

ただし、所得税の年末調整をする時に、本人が税金を安くするために障害者控除を申請すると、

会社に障害者である事がわかってしまいます。

無料相談実施中

お電話でのお問合せ

045-581-4214

初回のご相談は無料です。
お気軽にご連絡ください。

事務所概要

横浜障害年金申請デスク

045-581-4214

045-581-4214

info@nenkin-shougai.net

受付時間:9:00~17:00
(土日祝祭日は除く)