〒230-0018 横浜市鶴見区東寺尾東台22-21

受付時間:9:00~17:00(土日祝祭日は除く)

初回相談無料

お気軽にお問合せください

事務所での不支給決定事案、東京地裁で逆転勝訴!!詳しくはこちらを

申し訳ございません。ただ今、業務多忙につき新規のご相談・受付は行っておりません。

障害年金とは(障害年金の種類)

障害年金は、厚生年金、共済年金、国民年金それぞれの年金制度のなかにあります。

障害になった病気やケガで始めて医師の診察を受けた時に、どの制度に加入していたかによって受け取れる年金が決まります。
 

厚生年金加入中 → 障害厚生年金

共済年金加入中 → 障害共済年金

国民年金加入中 → 障害基礎年金
 

国民年金の場合は、60歳から65歳までの未加入期間に初診日があっても、過去の保険料納付状況が適切ならば支給対象になります。

障害基礎年金は1級〜2級まで、障害厚生年金は1級〜3級まであります、さらにより軽い場合は障害手当金(これは年金ではなく、一時金です)が支給されます。

そして、障害厚生年金の1級または2級に当てはまる方には、障害基礎年金が土台となり、その上に

障害厚生年金が上乗せになります。

1階が障害基礎年金で2階が厚生年金の2階立て家屋をイメージください。

厚生年金に加入している者は、同時に国民年金にも加入していることになっています。

だから障害基礎年金も併せて支給されるわけです。かなり手厚い保障になります。

しかし、厚生年金の3級には、残念ながら土台となる障害基礎年金はありません。
 

(注) このホームページでは、共済年金も厚生年金も考え方が同じなので、厚生年金という言葉で説明しています。

この年金は、障害者になったからと言って、誰でも受け取る事はできません。
二つの要件(条件)をクリアーする必要があります。

①  納付要件

 障害認定日(初診日から1年6ヶ月後)

           障害の程度が定められた基準を上回っている事。

ごくごく簡単に言えば・・・

①は、きちんと保険料を払っているかどうかの審査です。
②は、初診日から1年6ヶ月後に障害がどれだけ重いかの審査です。


この二つの要件をともにクリアーしないと受け取る事はできません。どちらか一つではありません。かなり、厳しい条件ですが障害年金を受ける権利を得るには、保険料を払う義務を果たしている必要があるという事です。

 

いま、保険料の納付義務についてお話しましたが、20歳前に障害になった場合は、どうでしょうか?そもそも、年金は20歳以上の者に加入が義務付けられています。ですから、20歳前の初診日に於いては、年金に加入する義務も、ましてや保険料を支払う義務もありません。

したがって、障害の重さ(程度)だけの審査になります。
 

この年金は、特別に20歳前障害基礎年金」(はたちまえしょうがいきそねんきん)と呼んで、区別しています。そして、この「20歳前障害基礎年金」は、保険料を支払うことなく受け取れるため、本人に所得がたくさんある場合は、支給が制限されます。

 

 

納付要件をもう少し詳しく・・・

①初診日の属する月の前々月までに被保険者期間があるときは、その被保険者期間のうち保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間が3分の2以上であること。

 

保険料納付済期間には、厚生年金の加入期間を含みます。保険料免除期間とは、全額免除期間と部分免除期間(部分免除の場合は、その決められた額を支払っている必要があります)、若年者納付猶予期間、学生納付特例期間を言います。

 

②令和8年3月31日までに初診日がある場合は、初診日の属する月の前々月までの1年間に未納がないこと。

 

①か②どちらかがクリアーされていれば支給対象になります。

    

    初回のご相談は無料です、お気軽にどうぞ。

無料相談実施中

お電話でのお問合せ

045-581-4214

初回のご相談は無料です。
お気軽にご連絡ください。

事務所概要

横浜障害年金申請デスク

045-581-4214

045-581-4214

info@nenkin-shougai.net

受付時間:9:00~17:00
(土日祝祭日は除く)