〒230-0018 横浜市鶴見区東寺尾東台22-21

受付時間:9:00~17:00(土日祝祭日は除く)

初回相談無料

お気軽にお問合せください

事務所での不支給決定事案、東京地裁で逆転勝訴!!詳しくはこちらを

申し訳ございません。ただ今、業務多忙につき新規のご相談・受付は行っておりません。

障害者手帳について

障害のある方は、その障害に種類によって3種類の手帳が交付されます。

  1. 身体障害者手帳
    対象者

    視覚、聴覚、平衡機能、音声機能、言語機能または

    そしゃく機能、肢体(上肢・下肢・体幹・脳原性運動機能障害)、

    心臓機能、腎臓機能、呼吸器機能、ぼうこう又は直腸機能、

    小腸機能、免疫機能、肝臓機能に永続する障害がある方。

    等 級

    障害に程度によって1級から7級まで。

    ただし、7級の障害は1つのみでは手帳の交付にはなりません。

    必要書類写真、身体障害者手帳用診断書(指定医が作成したもの)
  2. 療育手帳(横浜市では「愛の手帳」と呼んでいます)
    対象者児童相談所または障害者更生相談所で、知的障害と判断された方。
    等 級

    A1(最重度・IQ20以下)

    A2(重度・IQ21~35)

    B1(中度・IQ36~50)

    B2(軽度・IQ51~75)

    B2では、障害年金は支給されないと、思われているようですが、必ずしもそうではありません。当事務所では、何件も獲得しています。

    必要書類写真
  3. 精神障害者保健福祉手帳
    対象者

    精神疾患を有する方のうち、精神障害(知的障害を除く)の為長期にわたり日常生活または社会生活への制約がある方。

    等級1級~3級
    必要書類

    下記のうち「①と③」 または「②と③」

     

    ① 診断書(精神障害者保健福祉手帳用)

    ② 障害年金を受けていることを証する書類(年金証書の写し)、

    または、特別障害給付金を受けていることを証する書類(受給資格者証の写し)

    ③ 写真

     

    「②と③」の組合せの場合は、障害年金の受給を年金事務所に問いあわせをする為の同意書。

     

    ※手帳の交付を受けていない方で交付を希望する方は、障害年金の申請をまず先にするほうが、主治医の手間と診断書代金が1枚分で済みます。ただし、この手帳があれば精神疾患の医療費助成が受けらますので、どちらが得かの判断は難しいところかなと思います。

手帳取得の主なメリット

  1. 所得税や住民税、相続税について障害者控除が適用され、収める税金が安くなります。
  2. 自動車税や自動車取得税の軽減ができます。
  3. NHK受信料の減免ができます。
  4. 医療費の助成が受けられます。
  5. 障害者手当の支給が受けられます。
  6. JRや航空運賃の割引があります。
  7. 日常生活用具の支給が受けられます。
  8. 補装具の交付と修理が受けらます。
  9. 公営住宅への優先入居ができます。
  10. 携帯電話や水道料金が安くなります。
  11. 障害者枠での就職ができます。
  12. マル優・特別マル優制度が利用でき、預貯金等の利息に税金がかかりません。
  13. タクシー料金の割引があります。
  14. 生活福祉資金の貸付が受けられます。

注)障害者手帳の種類やその等級、お住まいの自治体によって、受けられる内容は異なります。

無料相談実施中

お電話でのお問合せ

045-581-4214

初回のご相談は無料です。
お気軽にご連絡ください。

事務所概要

横浜障害年金申請デスク

045-581-4214

045-581-4214

info@nenkin-shougai.net

受付時間:9:00~17:00
(土日祝祭日は除く)